医者の男女

初期費用

救急車

最近AEDと書かれた機器が様々な所に置いてあるのを目にした事があると思います。
AEDとは自動体外式除細動器と呼ばれるものです。
心停止や心室細動という不整脈に対して一時的に強い電流を流す事で心臓を正常の状態に戻す事が出来ます。
心室細動は発症数分で呼吸停止となり対応が遅れると死に至る場合があります。
その為、救急車が来た時には手遅れになってしまう場合があるのです。
心室細動で心停止になってしまった場合、AED等の救命器具があれば助かる命が増えるのです。
しかし、その場になってみると焦ってしまい適切な使用が出来ないものです。
ですから普段から使い方について熟知しておく事が必要です。
自治体等で開催されている救命救急講習等を受けておきましょう。

まず人命救助の基本について説明します。実際に倒れている人がいたら、まずは意識や呼吸の確認をします。
大声で「大丈夫ですか」と呼びかけましょう。呼吸は胸郭や腹部の動きで確認します。
意識や呼吸があれば緊急度は低いと判断されます。意識や呼吸がない場合、近くにいる人に救急車を要請します。
指示を出す人は出来るだけ誰が指示を受けたのか明確になる様にしましょう。救急車が到着するまでに、気道確保と心臓マッサージを行いましょう。
AEDがある場合はAEDによる救命方法を試みます。AEDは機器が使用方法をアナウンスしてくれます。
全く使用した事がない人でも100%安全に使用する事が出来ます。この様に救命器具による人名救急の方法を確認しておき、急な場面に対処出来る様にしましょう。